close
コラム

2024/05/14

【2023年11月公開事例】最新のメタバースビジネス活用事例5選

【2023年11月公開事例】最新のメタバースビジネス活用事例5選

画像引用元:GUCCI

現在、日本でも有名ブランドや企業各社、自治体などが新たなビジネスチャンスを求めて、メタバースに参入しています。ブランドや企業がこぞってメタバースに乗り出しているのを知り、自社のビジネスでもメタバースを活用し、何かできることはないかと模索している方も多いのではないでしょうか。有名なメタバースプラットフォームには、Fortnite(フォートナイト)やRoblox、VRChat、ZEPETO、国産のclusterなどがあり、国内外の新たなビジネス事例が日々アップデートされています。
そこで本記事では、これからメタバースでビジネスを始めたい方、メタバースを活用した最新事例を知りたい方に向けて、【2023年11月】に公開された国内外の最新ビジネス活用事例を紹介します。自社のビジネスに活用する際のヒントになりますので、ぜひ参考にしてください。

パルファム ジバンシィ: Robloxで贈る、特別なホリデー空間“FESTIVE WINTER ESCAPE”

画像引用元: LVMHフレグランスブランズ株式会社

2023年のホリデーシーズン、パルファム ジバンシイは、Robloxの「Givenchy Beauty House」にて、“FESTIVE WINTER ESCAPE”と題したウィンターワンダーランドを2023年11月28日に公開しました。
“FESTIVE WINTER ESCAPE”では、雪に覆われた小道、クリスマスツリーに囲まれたアイスリンク、そしてジバンシイの象徴的なフレグランスやメイクアップラインで装飾され、シックでエキサイティングな2023年ホリデーコレクションの世界観を鮮やかに映し出しています。

画像引用元: LVMHフレグランスブランズ株式会社

このワンダーランドは、ジバンシイ ビューティーのポップアップストアがこの冬に取り入れるデザインを反映しており、ホリデーシーズンを祝福するために、オンラインと対面の双方でのユニークな体験を通してジバンシイを象徴する製品を再発見し、限定コンテンツとエンターテインメントを楽しむ機会を提供してします。また、訪れるプレイヤーは、メイクアップステーションで、自身のアバターに特別にクリエイトされた様々なビューティールックを試すことができます。
パルファム ジバンシイはデジタル分野においてもパイオニア的な存在であり、2020年にラグジュアリー ビューティーブランドとして初めて「あつまれ どうぶつの森」*でビューティールックを提供し、2022年6月にはオンラインゲーミングプラットフォームRobloxで、ゲーム分野への進出も果たしました。  さらに、パルファム ジバンシイは2021年から2年連続でプライド月間にNFTアート作品を制作し、その収益をフランスの支援団体「LE MAG JEUNES(ル・マグ・ジューヌ)」に全額寄付しています。

* 「あつまれ どうぶつの森」は、任天堂によって登録された商標です。

読売テレビ:Fortniteに「鳥人間コンテスト」が登場。アイテムを駆使して琵琶湖を羽ばたき、ハイスコアを目指す

画像引用元:読売テレビ

読売テレビは、同局が制作する夏恒例の特別番組「鳥人間コンテスト」と、人気オンラインゲームFortniteがコラボレーションしたゲームコンテンツ「BIRDMAN RALLY : 鳥人間コンテスト」を2023年11月17日に公開しました。「鳥人間コンテスト」は、自作人力飛行機による飛行距離および飛行時間を競う大会で、1977年より放送されています。

画像引用元:読売テレビ

ゲーム内では「鳥人間コンテスト」の舞台である滋賀県・彦根市にある松原水泳場を忠実に再現。テレビの放送でもお馴染みのプラットホーム(滑空路)はもちろん、芸能人たちがエールを送る中継ステージや、テレビでは放送されることのない待機テントまでがリアルに描かれ、ゲームの楽しさだけでなく会場の雰囲気も楽しめます。
ゲーム性は実際の「鳥人間コンテスト」よりもパワーアップ。番組では1機ずつが順番に飛び立って飛行距離を競いますが、同ゲームでは最大4人のマルチプレイが可能。同時に飛び立って競い合うことができます。プレイヤーは、空中のコイン(上昇気流発生)やハート(スタミナ回復)などのアイテムを駆使して、琵琶湖上空をより遠くへ滑空し、ハイスコアを目指します。

大丸松坂屋百貨店:VRChatにアバターの試着ワールドを期間限定公開。アバター購入で冷凍グルメがもらえるキャンペーンも開催

画像引用元: 株式会社 大丸松坂屋百貨店

大丸松坂屋百貨店は2023年10月、百貨店業界では初*となる3Dアバター5体の販売を開始。同社は、2023年11月10日〜11月30日までの期間限定で、3Dアバターの試着ワールド「Magichour Lounge」をVRChat上に公開しました。
このワールドは、販売に先駆けて開催された「試着会」で利用されていた特設ワールドで、5体全員のアバターの試着を行うことができます。また、パーティー会場を意識したワールドで、フォトスポットも設置されているので、購入前の試着のみならず、試着後の自撮りにも最適です。

画像引用元: 株式会社 大丸松坂屋百貨店

さらに、同社のアバター販売公式BOOTHショップで、11月13日から~11月30日の期間限定で、アバター購入者のうち条件を満たした方先着50名に冷凍グルメ便「ラクリッチ」のグルメセットをプレゼントするというユニークなキャンペーンも開催。
前述の冷凍グルメ便「ラクリッチ」と3Dアバター販売は、時間と場所の制約を克服するビジネスモデルの転換を目指すDX推進部の新規事業プロジェクトで、同社は「時間や場所という制約を越えたオンラインの領域は大きな可能性を秘めている」とし、2つの新規事業は「リアル店舗の枠組みをはずした百貨店ならではのビジネス」として取り組んでいるとのこと。また、このキャンペーンを通じて、メタバース&冷凍グルメの意外な親和性を楽しんでいただく機会を提供できればと述べています。

* 大丸松坂屋百貨店調べ(2023年10月時点)

GUCCI:世界巡回展「Gucci Cosmos」がThe Sandboxに登場。期間限定コンテンツとしてデジタルで体験可能に

画像引用元:GUCCI

とりわけメタバースやNFTで積極的な取り組みを行っているのが、イタリアのラグジュアリーブランド「GUCCI」。メタバース上のゲームプラットフォームThe Sandboxに、2023年11月8日から11月22日までの期間限定で、「Gucci Cosmos Land」を公開しました。メゾンが築き上げてきた100年以上に渡る伝統と革新の旅をデジタルの世界で体験することができます。

画像引用元:GUCCI

このメタバース空間は、アーティストのエス・デヴリンが企画し、ファッション研究家であり評論家のマリア・ルイーザ・フリーサが監修した、GUCCIによる大規模な世界巡回展「Gucci Cosmos」を忠実に再現したもの。The Sandboxのプレイヤーは、メゾンの歴史を探索したり、途中でクエストに参加したりすることも可能。Gucci Cosmos Landに設けられたクエストを完了することができれば、Gucci Cosmosアバターを獲得できます。
2023年4月に中国・上海、10月に英・ロンドンで開催された同展が、2024年10月に京都に巡回する予定です。

サンリオ: ハローキティ50周年イヤーがスタート。TikTok開設や、メタバースプラットフォームRoblox、ZEPETOにも本格参入

画像引用元:株式会社サンリオ

株式会社サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」は、2024年に50周年を迎えるにあたり、2023年11月1日から2024年12月31日までの期間を「50周年アニバーサリーイヤー」とし、「Friend the Future. 未来と友だちになろう。」をテーマに活動。11月1日からはARのキティが、東京・渋谷を皮切りに、ロンドン、パリ、台湾、ニューヨークの5都市を訪れ、世界中にハローするARプロジェクトを開始しました。
また、50周年を機に新たにTikTokアカウントを開設。メタバースプラットフォームであるRoblox、ZEPETOにも本格参入しました。
Robloxでは、すでに展開している「MY HELLO KITTY CAFE」でハローキティ50周年のスペシャルな企画がスタート。Y2Kを意識した女子高生風のハローキティのアバターアイテムやエモートが登場したほか、キティコスチュームでキティデザインのフレームの写真を撮れるフォトブースも新設。メインコンテンツとなるゲーム「ミステリーミュージアム」は12月中旬からスタートし、キティにまつわる展示物を眺めながら、鬼ごっこを楽しめます。

画像引用元:株式会社サンリオ

また、アバターやメタバースを中心としたソーシャルプラットフォームZEPETOでは、11月1日より「ブランドショップ」にハローキティ50周年アニバーサリーアイテムが登場。11月20日には、サンリオ初のコラボワールド「ハローキティ50周年ワールド」をオープン。ファッションデザイナーをめざす「ハローキティブティック」やキティと一緒に運動会ができる「アスレチックゾーン」のほか、隠れたキティを見つけ一緒に写真を撮れる「フォトゾーン」、キティと一緒にダンスできる「ダンスゾーン」などが公開されています。

まとめ

トランスコスモスでは、各種メタバースソリューション活用の企画・コンサルティングからプラットフォーム選定開発、集客、コミュニケーション支援、データ活用までワンストップで提供しています。Webメタバースの構築や、ゲームメタバースFortniteを活用したオリジナルマップ(島)の制作、RobloxやZEPETOを活用したマーケティング施策やオリジナルワールドの制作なども承ります。メタバースを活用した新規ビジネスやマーケティングなどをご検討されている方は、ぜひお気軽にトランスコスモスにご相談ください。

  • 著者

    メタバース情報局編集部

    メタバース情報局 by transcosmosはトランスコスモス株式会社が運営する法人向けメタバース情報メディアです。メタバースを活用したビジネスの事例やノウハウ、最新情報、バーチャル体験など、メタバースの魅力をお届けします。ビジネスシーンにおけるメタバースの活用や、導入をご検討中の方は、お気軽にご相談ください。

    このメディアについて

関連記事

人気記事

  1. TOP
  2. コラム
  3. 【2023年11月公開事例】最新のメタバースビジネス活用事例5選